AGA治療で使用されるザガーロについて

ザガーロの概要

AGA治療で使われている薬の一つに、ザガーロと呼ばれているものがあります。
男性型脱毛症に縁のない人はこの薬の名前を聞いたことがないかもしれませんが、こちらは公式にAGA治療薬として認められたものです。
ひょっとしたら、男性型脱毛症で悩んでいる方でも知らないかもしれませんが、この薬の効果はとても高いといわれていますので、この機会に知っておくといいでしょう。
それではまず、簡単にザガーロの概要についてご紹介します。
この薬はまず、AGA、すなわち男性型脱毛症を治療するために開発された薬です。
薬ですから単なる気休めのようなものではなく、ちゃんとその有効性と安全性が証人された治療薬ということになります。
いつそれが承認されたのかといえば、2015年の9月28日に承認されました。
ちなみに、この治療薬の承認を最初に取得したのは日本ではなく、お隣の韓国でした。
それは2009年7月のことでしたが、その後、日本においても韓国に続いて2番目に承認されました。
さて、このザガーロというAGA治療ですが、なぜそれほど注目されているのでしょうか。
その理由は、この薬に含まれている成分にあります。
その名前が個性的であることもそうですが、その成分に期待できる効果がとても高いということで注目を浴びているのです。
どのぐらい高いかというと、あのプロペシアの実に1.6倍もあるといわれています。
プロペシアといえばAGA治療の世界では知らない人はいないほど有名な薬ですが、この薬の2倍近くの効果が期待できるということで、注目されているのです。
プロペシアの知名度をよく知る人なら、これがいかに驚異的ことであるかがお分かりになるでしょう。
とはいえ、具体的にどんな効果が期待できるのかについても理解しておかなければなりません。
これについては、ザガーロはAGA治療薬ですから、ずばり発毛効果を期待することができます。
しかもその効果において、プロペシアの1.6倍の効果があると言われているのです。
ちなみに、この薬を勃起不全の治療薬として使用する方もいますが、ザガーロはもともとAGA治療薬として開発されたものなので、勃起不全において十分な効果が見込めるかどうかは分かりません。
実際に効果があったという話もありますが、先行のバイアグラなどと比べれば、その効果は薄いと言われています。

ザガーロの概要 | 服用時の注意点 | 副作用を調べてみました